病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

診療報酬・法令

世の中のニュースや医療業界での出来事を、医療情報技師の観点から考えました。

医療情報技師が注目する2022年5月のニュース

2021年9月にデジタル庁が発足してから、政府のデジタル・トランスフォーメーション政策を報道でたびたび目にするようになりました。民間主導と違って、官公庁がデジタル化を進めるということは、法のしがらみがあれば法改正で撤廃していくことを意味します。…

【2022年4月版】マイナンバーカードの保険証利用の状況

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる「オンライン資格確認システム」の本格運用が2021年10月から始まっています。その普及状況を把握しておくことは、病院で稼働するシステムの将来を設計・検討するうえで参考となります。そこでこの記事では、…

医療情報技師が注目する、2022年の法改正まとめ

新年、明けましておめでとうございます。2022年が始まりました。医療情報技師が年の初めにしておきたいことと言えば、法改正のチェックです。なぜなら、法律でがんじがらめの病院にとって、法改正は院内で稼働するシステムに影響を及ぼすからです。そこで新…

医療情報技師から見た、令和4年度(2022年度)診療報酬改定【更新終了】

令和4年度(2022年度)4月に診療報酬が改定されます。診療報酬の請求に院内のシステムが関わることがあるため、それらを司る医療情報技師にとっても一大イベント。そこで当ブログでも、診療報酬改定の中身を医療情報技師の観点から見ていきたいと思います。

診療報酬を調べる強い味方、しろぼんねっとがリニューアル!超使いやすくなってる件

しろぼんねっとは、パソコンを扱えるデジタル世代にはとても強い味方。医科診療報酬点数表だけでなく施設基準や薬の添付文書も検索できるほか、請求に関して質問・回答できる交流サイトも見やすくリニューアルされており、医療事務必見のWebサイトに仕上がっ…

オンライン資格確認対応の医療機関一覧を見るには

マイナンバーカードを健康保険証として使える、厚労省肝入りの「オンライン資格確認」システムが10月20日に本格運用されました。本来は2021年4月から運用開始される予定でしたが、システムトラブルが発生したことにより10月にずれ込んだ経緯があります。今回…

【2021年版】院内SEが押さえておきたいWebサイト(診療報酬・法令編)

分からないことや困ったことがあったときは検索で調べますが、断片的なキーワードを頼りに探すだけでは思うように調べが進まないことがあります。情報が網羅的・体系的にまとめられているWebサイトから探すことで、効率的に情報収集できることが多いもの。今…

デジタル庁の発足で病院はどう変わる?

デジタル庁が発足しました。マイナンバーカードの活用や自治体システムの仕様統一などさまざまなデジタル化政策を牽引するIT化専門の行政機関です。法的根拠のもとにデジタル化が認められることになりますので、病院のみならず社会全体にとって大きな転換点…

契約書の電子化はまだ早い? 法律は今こうなっている

悪質商法への規制強化を盛り込んだ改正特定商取引法と改正預託法が可決されました。通販で最近問題になっていた不正契約を厳しく罰する内容がメインでしたが、契約の電子化も「条件付き」で認められる形になりました。デジタルトランスフォーメーションが社…

いよいよ添付文書も電子化が義務に!経過措置や移行期間は?

医療機関には厚生労働省から文書で通達が届いているとおり、2021年8月から医薬品等に同梱されている紙の添付文書が廃止され、原則電子媒体での提供となります。電子化されますので、閲覧するにはスマホやタブレットを通して見ることになります。 何がどう変…

デジタル法案が衆議院にて可決! 脱はんこ・個人情報保護など病院への影響は

2021年4月3日、デジタル庁の創設や脱はんこ、個人情報保護法の一本化などを盛り込んだデジタル法案が衆議院にて可決されました。コロナ禍がいまだ収まる気配を見せない中で、病院は悪化した経営を回復させるため慌ただしいですが、今回の法案は無視できない…

【オンライン資格確認】マイナンバーカードの保険証利用は本格運用を延期

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 管理人の白狐(しろぎつね)です。 3月25日、厚生労働省がオンライン資格確認(マイナンバーカードによる健康保険の認証)の本格運用を延期する、との報道が流れました。本制度は3月から始まっ…

半導体不足は2021年前半まで続く? パソコンの供給見通しについて

去年の暮れから世界的な半導体不足が露わになりました。具体的には自動車やPlaystation5、パソコンのCPUなどの生産に遅れが生じており、供給が需要に追いつかない事態となっています。オンライン資格確認システムに用いる端末の供給にも支障が出ているようで…

補助金対象は令和3年(2021年)3月末まで申込必須!マイナンバーカードによるオンライン資格確認まとめ

マイナンバーカードを健康保険証としても使用できる新たな制度「オンライン資格確認」が令和3年3月から始まりました。医療機関として押さえておきたいことは補助金です。カードリーダーを3月末までに申し込むことが条件となっており期限が迫っているところで…

個人情報保護法の二千個問題とは? 全国共通ルール化を考える

2020年の暮れに、政府が個人情報保護に関して全国共通ルールを定める方針を打ち出しました。逆に「今まで全国共通じゃなかったの?」と疑問に思えますが、よくよく調べてみると「二千個問題」と呼ばれる根深い問題があることが見えてきました。病院は、個人…

オンライン資格確認は延期派・反対派も多い? デメリットを考える

病院内SE にとって2021年のメインイベントと言っても過言ではない、マイナンバーカードを使ったオンライン資格確認(保険証の確認)が今年3月から始まります。導入の延期を考えていたり、導入そのものに反対したりしている医療機関も一定数いるかもしれませ…

【2021年のご挨拶と展望】新年明けましておめでとうございます

昨年はコロナ一色の一年で、病院勤務の私としては私生活でも職場でもコロナまみれの年でした。2021年は、全世界を巻き込んだコロナ禍が収束に向かうことを願うばかりです。2021年はどんな年になるのでしょうか。病院内SEとして気になるイベントをピックアッ…

【法改正】病院内SEから見た、2020年の総括と2021年の動き

テレワーク、オンライン診療、マイナンバーカードによるオンライン資格確認など国内の医療体制を大きく変えるような変革が、いま医療の世界で進んでいます。病院への影響を考える上では、これら政策の根拠となる法改正の情報が欠かせません。本記事では一年…

健康保険証の枝番とは?記号・番号に新たに追加【マイナンバー】

マイナンバーによるオンライン資格確認が令和3年3月から始まります。従来の健康保険証に代わり、マイナンバーカードで保険情報を照会できる制度で、健康保険証に新たに「枝番」が付与されることになりました。協会けんぽのホームページにてそのイメージ画像…

初診のオンライン診療が恒久化? 基本事項をおさらい

政府がオンライン診療の恒久化を本格的に検討し始めるようです。オンライン診療は、スマホやPCなどを使って遠隔地から受診できる制度。新型コロナウイルス対策として時限的に初診からの利用が解禁され、いつまで容認するのか議論されていたところです。もう…

病院内SEから見た、脱はんこが病院に与える影響

行政改革担当相が、行政文書における脱はんこに前のめりで取り組んでいます。そこに自治体のシステム標準化を原則2025年度までに導入するとのニュースが飛び込んできました。システム標準化はデジタル化推進と一体で進められるものと思われます。これが脱は…

【マイナンバー】オンライン資格確認で病院がすべきことまとめ

健康保険証の代わりにマイナンバーカードを使って保険確認を行う「オンライン資格確認」制度が2021年3月から開始されます。医療機関向け資料を読んでも字面のオンパレードで内容が理解しづらく、結局何を準備すればいいのかよく分からない、という方も多いの…

医療事務の仕事に役立つWebサイト5選、内容を紹介! インターネットも賢く使おう

医療事務の仕事をするうえでは、診療報酬点数表や薬価本などの参考図書が欠かせませんよね。 いっぽう最近では、そうした情報を網羅したWebサイトも登場しており、賢く使えば短時間で検索できるなど能率の向上につながります。 本記事では、私の医療事務経験…

オンライン資格確認ポータルサイトで顔認証付きカードリーダー端末が発表~メリットとデメリットを比較!

厚労省が管理するオンライン資格確認のポータルサイトにて、補助金の対象となる顔認証付きカードリーダーの端末が3機種発表されましたね。すでに選定作業に入っている医療機関もあることと思います。どんな端末なのか、見ていきたいと思います。

政府がオンライン診療の特例措置を延長

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を目的としたオンライン診療の初診解禁を期間限定で行いましたが、先の会合で延期が決定されたようです。 出口の見えないトンネルを進むなか、いつまでも暫定措置を放置するわけにはいきませんので、政府はこれを機にオ…

印鑑(はんこ)と病院業務の関係

これだけ日本社会に浸透し切っている文化ですから、直ちに印鑑が廃止されるなんてことはあるはずがなく、やるにしても段階的に経過措置を設けながら進められるはず。しかし、この先どうなるのか?という点については動向を注視すべきと思います。

病院のデジタルトランスフォーメーションとIT導入補助金

最近「デジタルトランスフォーメーション」という言葉をよく耳にしませんか? 何やらまたよく分からない横文字が出てきたな、と思いますがなんの事はなく、平たく言えば「IT変革」のことです。 実はIT導入に関し、経済産業省が補助金制度を始めていることを…

オンライン資格確認のポータルサイトが開設【令和3年3月開始】

令和3年3月から運用が開始されるオンライン資格確認のポータルサイトが、厚労省のホームページで開設されました。システムの利用申請や補助金の申請などが申し込みできるほか、制度に関する更新情報がアップされるようですので、導入を検討されている医療機…

【高齢者施設だけでなく病院も】オンライン面会の導入

当院では、以前から検討していたオンライン面会がついに導入の運びとなりました。以前から面会禁止の体制を敷いていたので、入院が長期化する患者さんやご家族にとっては顔も見られない状況は酷ですし、看護師にも相当数の要望が来ていたようです。当然、エ…

病院でのレジ袋(プラスチック製買い物袋)有料化の扱い

7月1日から小売業等にてレジ袋(プラスチック製買い物袋)の有料化が義務付けされますね。病院も例えば薬を渡すのにレジ袋に入れることがありますよね。患者さんから費用を徴収してもよいのか?という疑問が湧きます。資料には「医療機関も同様の扱いとする…

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ