病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

北海道にUターン就職した病院内SE(システムエンジニア)のブログ。この仕事を世に知ってもらうべく日々奮闘中。詳細はプロフィールをチェック!!

メインメニュー

20代のSEが、未経験で病院に転職した話

f:id:whitefox21:20210819143007j:plain

 

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

私は現役の院内SEで、20代のときに未経験で病院に転職しました。

当時SEとして都内で働いていましたが、諸事情で地元の北海道へ戻らざるを得なくなり、SEの経験を活かせる仕事として院内SEの道を選んだのです。

 

転職先として病院を選ぶSEはかなりの少数派。というよりも多くのSEは病院に働き口があるとは思ってもいないでしょうし、「院内SE」なんて聞いたこともない人がほとんどではないでしょうか。

 

私も、転職活動をしていた頃は病院にSEがいるなんて想像すらしていませんでした。

完全にノーマークの存在だったのです。

 

やはりその理由は、院内SEの知名度が低いゆえに、ネットの情報が極端に少ないからでしょう。

 

院内SEは、SEがスキルを活かしつつ地元に就職できる、一つの選択肢です。なぜなら、田舎にIT企業はなくても、病院なら必ずあるからです。

この仕事を知れば、SEの方からは「どんなものか調べてみるか」くらいは思ってもらえるはず。

 

そこで今回は、院内SE歴10年以上の私が、20代で未経験から院内SEに転職した話をさせていただきます。

 

えっ、未経験でも始められるの?

 

「十分可能です。私もそうでしたから。
記事の最後に、これを読めば院内SE丸わかり!』の記事たちを紹介します。
関心のある方は最後までお付き合いくださいね。」

 

続きを読む

院内SE必携!現場仕事に役立つマストアイテム

f:id:whitefox21:20210909150613j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

どんな仕事にも、プロが使う道具というものがありますよね。

なければ仕事にならないというもの、無くても困らないけどあった方が良いもの、などさまざま。

 

院内SEは、「SE」と付くくらいですから道具はパソコンくらい、と思うかもしれませんが実はそうではありません。

LANケーブルの敷設やパソコンの修理など現場作業も多いため、院内SEにも必携の道具があるのです。

 

そこで今回は、院内SE歴10年以上の私がおすすめする、必携のマストアイテムを紹介します。

 

SEの仕事道具って言えば、キーボードとかマウスとか?

 

いえいえ。例えば釣り竿とかですよ。

 

つ、釣り竿・・・? 何に使うの?

 

意外ですよね。仕事が捗ること、請け合いですよ。

 

続きを読む

デジタル庁の発足で病院はどう変わる?

f:id:whitefox21:20210901154202j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

2021年9月1日、社会インフラのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を官民揃って推進することを目的として、デジタル庁が発足しました。

マイナンバーカードの活用や自治体基幹システムの仕様統一などさまざまなデジタル化政策を牽引する、いわばIT化専門の行政機関です。

 

これまで管轄省庁が各自で対応していたデジタル化政策は足並みが揃わず、法令の改正も低速で、日本は遅々としてデジタル化が進まない一方です。そればかりかコロナ禍では国民への給付金支給や保健所へのコロナ陽性者報告などでは紙やFAXを使う有り様で、速やかな対応ができずデジタル化の遅れを露呈している状況でした。

 

行政機関がリーダーシップを取るということは、法改正とセットで進めることを意味します。法的根拠のもとにデジタル化が認められることになりますので、デジタル庁発足は病院のみならず社会全体にとって大きな転換点となるはずです。

 

デジタル庁が何をするのかよく分からないし、病院は関係ないんじゃない?

 

いやいや、大アリですよ。あなたが知らないだけで。

 

今回は、デジタル庁発足によって病院がどう変わるかを考えていきます。

 

続きを読む

【考察】新卒で院内SEになれるの?

f:id:whitefox21:20210818114521j:plain

 

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

院内SEの求人は、ほとんどがスキルや経験を買う中途採用です。

なぜなら、一から育てる余裕が病院にはないからです。

 

院内SEは存在自体があまり世間に知られていない職種なので、学生の時点で院内SEになりたいと思う人はかなりレアな存在。

とはいえ当ブログは院内SEの認知度を広めるために書いていますので、レアな需要に対しても、現職である私なりの回答を示したいと思います。

 

続きを読む

院内SEにおすすめしたい、コミュニケーション力を上げる本

f:id:whitefox21:20210819122927j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

当ブログで何度か取り上げていますように、院内SEには技術力以上にコミュニケーション力が求められます。なぜなら、院内のシステムを円滑に運用するためには、システムでは実現できない部分に職員と折り合いをつけなければならないからです。

 

院内SEにはさまざまな要望や苦情が寄せられます。時として、到底実現できそうもない無理難題を突き付けられることもあります。

 

私に言われても困ります!
出来ないものは出来ないんです!

 

※管理人注: ↑のキャラは私です。(当ブログ初登場)

 

と無慈悲に突き返してやりたいところですが、そう言ってしまうと「システムの人間は使えないやつだ」と烙印を押されてしまい、窓際に追いやられる可能性も・・・。

 

どうしても出来ない場合は、理解してもらえるようにうまく説明したり、別の方法を提案して矛を収めてもらったりするしかありません。

 

SEは技術屋ですので、こうした対人間のスキルが苦手、という方もいると思います。

そこで今回は現役院内SEである私が、実際に読んでみて為になった、コミュニケーション力を上げるためのおすすめの本3つ紹介します。

 

続きを読む

院内SE志望の方、必見!仕事に役立つプログラミング言語を紹介

f:id:whitefox21:20210804142401j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

院内SEの主な仕事はシステム管理や障害対応であり、開発業務はあまりありません。ところが日常のちょっとした問題を解決するために、プログラミングスキルが生きることがあります。

自分の業務を効率的に回したいときや、業務改善の相談を受けたときなどです。

 

ひとくちにプログラミングといっても、さまざまな言語がありますよね。院内SEを志望する方は、「どんな言語が書ければいいの?」と思うかもしれません。

 

そこで今回は、院内SE歴10年以上の私が実感する、仕事に役立つプログラミング言語を3つ紹介したいと思います。

 

続きを読む

院内SEが向いているのはこんな人!特徴を3つ紹介

f:id:whitefox21:20210803111535j:plain

 

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

院内SEは、病院に勤務するシステムエンジニア

病院は一般企業とは違う独特の雰囲気や風土があり、異業種から転職するにはそこに順応していくことが求められます。

 

院内SEには前職がIT企業勤務という人も多いため、その違いに驚かされる人も結構います。

なかには、その違いについていけず離職してしまう人も。

 

どの仕事にも、「向き・不向き」は付き物ですよね。

そこで今回は、院内SEに向いている人の特徴について取り上げます。

 

続きを読む
©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ