病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
医療情報技師から見た、令和4年度(2022年度)診療報酬改定【随時更新】
婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(前編)【身だしなみについて】
給料・年収を上げたい!~医療事務からのステップアップの道
【SE辞めたい人へ】地元の病院で働こう!院内SEの募集を探す方法

医療情報技師から見た、令和4年度(2022年度)診療報酬改定【随時更新】

令和4年度(2022年度)4月に診療報酬が改定されます。診療報酬の請求に院内のシステムが関わることがあるため、それらを司る医療情報技師にとっても一大イベント。そこで当ブログでも、診療報酬改定の中身を医療情報技師の観点から見ていきたいと思います。

面倒臭がりにおすすめ!初心者でもできる時短バックアップ【Windows10対応】

パソコンのバックアップは定期的にしていますか?正直、面倒くさいですよね。しかしパソコンはいつしか壊れるもの。そして厄介なことに、パソコンの部品の中で最も壊れやすいのが、データを保存しているハードディスクなのです。そこで、面倒臭がりな人にお…

「SEやめる」のをやめとけ!病院に転職してみよう

「システムエンジニアを辞めたい」SEなら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、「SEを辞める」のは辞めたほうがよいです。そんな方には、病院に転職して「院内SEになる」のをおすすめします。この記事では、病院がIT企業とどう違うのかをな…

医療情報技師が注目する、2022年の法改正まとめ

新年、明けましておめでとうございます。2022年が始まりました。医療情報技師が年の初めにしておきたいことと言えば、法改正のチェックです。なぜなら、法律でがんじがらめの病院にとって、法改正は院内で稼働するシステムに影響を及ぼすからです。そこで新…

婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(後編)【マッチングアプリの攻略】

今回は婚活をテーマにした記事になります。結婚とはもっとも人生を左右するイベントであり、人生のなかで仕事と同じくらい重要。私は見た目の冴えないオタクでしたが、身だしなみや接し方が鍛えられ、幸いにも結婚に至ることができました。SEに向けた婚活ハ…

婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(中編)【マッチングアプリの魅力】

今回は婚活をテーマにした記事になります。結婚とはもっとも人生を左右するイベントであり、人生のなかで仕事と同じくらい重要。私は見た目の冴えないオタクでしたが、身だしなみや接し方が鍛えられ、幸いにも結婚に至ることができました。SEに向けた婚活ハ…

婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(前編)【身だしなみについて】

今回は婚活をテーマにした記事になります。結婚とはもっとも人生を左右するイベントであり、人生のなかで仕事と同じくらい重要。私は見た目の冴えないオタクでしたが、身だしなみや接し方が鍛えられ、幸いにも結婚に至ることができました。SEに向けた婚活ハ…

12月20日15時まで! 基本情報技術者の講座が20%オフ

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 管理人の白狐(しろぎつね)です。 院内SEならばマストで取っておきたい資格として、基本情報技術者があります。 株式会社ネットラーニング社が提供するeラーニングプラットフォーム・BizLearn…

お金がなくても医療事務になれる!求職者支援制度を使おう

「求職者支援制度」を知っていますか?月10万円の生活費をもらいながら無料で職業訓練を受けることができる、国の支援制度です。ハローワークが無料の職業訓練を提供してくれるだけでなく、条件を満たす人に生活費が支給され、就職の面倒まで見てくれるサー…

Emotetが再流行の兆し? 添付ファイルに要注意!

2019年に猛威を振るったマルウェア、Emotet(エモテット)の活動再開が確認されたとの報告がなされました。Emotetは、メールの添付ファイルを開くことで感染し、PCに保存されたパスワードなどを抜き取ったあげく、スパムメール送信の踏み台にされてしまう悪…

この記事はこちらに移行しました。

whitefox21.hatenablog.com

この記事はこちらに移行しました。

whitefox21.hatenablog.com

病院でもメールの添付ファイル(PPAP)は禁止すべき理由

PPAPは、添付ファイルからウイルス感染する危険性が以前から指摘されています。最近でもランサムウェアに感染し診療が止まってしまったケースがありました。ランサムウェアはよくメールから感染するケースが多いことから、PPAPを廃止することがセキュリティ…

しろぼんねっとがリニューアル!超使いやすくなってる件

しろぼんねっとは、パソコンを扱えるデジタル世代にはとても強い味方。医科診療報酬点数表だけでなく施設基準や薬の添付文書も検索できるほか、請求に関して質問・回答できる交流サイトも見やすくリニューアルされており、医療事務必見のWebサイトに仕上がっ…

オンライン資格確認対応の医療機関一覧を見るには

マイナンバーカードを健康保険証として使える、厚労省肝入りの「オンライン資格確認」システムが10月20日に本格運用されました。本来は2021年4月から運用開始される予定でしたが、システムトラブルが発生したことにより10月にずれ込んだ経緯があります。今回…

院内SEの仕事に当直や夜勤はある?

院内SEの求人募集を見ると、しばしば勤務体系のところに「当直」や「夜勤」が入っていることがあります。その理由は、障害発生時にすぐ対応できるようにするためです。とはいえ、どの病院でも必ず当直や夜勤をするわけではありません。本記事では、当直や夜…

院内SEに求められるコミュニケーション力の正体

院内SEの求人には、よく「コミュニケーション力があること」が掲げられています。私は医師や事務長など偉い方々との仕事をこなすうち、コミュニケーション力とはつまりこういうことではないか、ということが分かるようになってきました。今回は、院内SEに求…

パソコンがすぐ壊れる人必見!すぐ実践できるおすすめの使い方

パソコンは長く使っていると動作が遅くなるものですが、買ってから1年くらいしか経っていないのにやけに重たかったり、起動が遅くなったりすることがあります。パソコンは精密機器の塊ですので、普段の何気ない使い方やメンテナンスの不備で、劣化が早まるこ…

【2021年版】院内SEが押さえておきたいWebサイト(パソコントラブル編)

分からないことや困ったことがあったときは検索で調べると思いますが、断片的なキーワードを頼りに探すだけでは思うように調べが進まないことがあります。情報が網羅的・体系的にまとめられているWebサイトから探すことで、検索よりも効率的に情報収集できる…

【2021年版】院内SEが押さえておきたいWebサイト(診療報酬・法令編)

分からないことや困ったことがあったときは検索で調べますが、断片的なキーワードを頼りに探すだけでは思うように調べが進まないことがあります。情報が網羅的・体系的にまとめられているWebサイトから探すことで、効率的に情報収集できることが多いもの。今…

病院にもAIって関係ある?→波はもう、来ています。

AIと言えば近未来的なテクノロジーで、病院関係者は「うちには関係ないな」と傍観している方も多いのではないでしょうか。しかし実は、医療業界にもAIの時代がすでに到来しています。「AIが人に代わるなんてあり得ないでしょ」と思っている方はトレンドを見…

サイバー保険とはなにか?病院での必要性を考える

コロナ禍でのテレワークをきっかけに「サイバーテロ」が世間の関心を集めるようになりました。セキュリティが甘く、そこを狙った犯罪が増えたからです。サイバーテロはもはや他人事ではない脅威となっています。そこで注目されているのが、こうした犯罪への…

20代のSEが、未経験で病院に転職した話

転職先として病院を選ぶSEはかなりの少数派。というよりも多くのSEは病院に働き口があるとは思ってもいないでしょうし、「院内SE」なんて聞いたこともない人がほとんどではないでしょうか。私も、転職活動をしていた頃は想像すらしていませんでした。今回は…

院内SE必携!現場仕事に役立つマストアイテム

どんな仕事にも、プロが使う道具というものがありますよね。それがなければ仕事にならないというものから、無くても困らないけどあった方が良い、といったものまでさまざま。LANケーブルの敷設やパソコンの修理などで現場に出向いて作業する仕事も多いため、…

デジタル庁の発足で病院はどう変わる?

デジタル庁が発足しました。マイナンバーカードの活用や自治体システムの仕様統一などさまざまなデジタル化政策を牽引するIT化専門の行政機関です。法的根拠のもとにデジタル化が認められることになりますので、病院のみならず社会全体にとって大きな転換点…

【考察】新卒で院内SEになれるの?

院内SEの求人は、ほとんどがスキルや経験を買う中途採用です。なぜなら、一から育てる余裕が病院にはないからです。院内SEは存在自体があまり世間に知られていない職種なので、学生の時点で院内SEになりたいと思う人はかなりレアな存在。このレアな需要に対…

院内SEにおすすめしたい、コミュニケーション力を上げる本

院内SEには技術力以上にコミュニケーション力が求められます。院内のシステムを円滑に運用するためには、システムでは実現できない部分に職員と折り合いをつけなければならないからです。SEは技術屋ですので、こうした対人間のスキルが苦手、という方もいる…

院内SE志望の方、必見!仕事に役立つプログラミング言語を紹介

院内SEの主な仕事はシステム管理や障害対応であり、開発業務はあまりありません。ところが日常のちょっとした問題を解決するために、プログラミングスキルが生きることがあります。ひとくちにプログラミングといっても、さまざまな言語がありますよね。今回…

院内SEが向いているのはこんな人!特徴を3つ紹介

院内SEは、病院に勤務するシステムエンジニア。病院は一般企業とは違う独特の雰囲気や風土があり、そこに順応していくことが求められます。院内SEには前職がIT企業勤務という人も多いため、その違いに驚かされる人もいます。どの仕事にも、「向き・不向き」…

医療情報技師の役割をひとことで表すと「通訳者」

TechTargetのサイトで、医療情報技師の役割を的確かつ分かりやすい言葉で解説した記事がアップされました。ITベンダーと医療機関の間を取り持つ立場を「通訳者」と表現しており、現役の身としてもまさしくその言葉通りだと感じます。医療情報技師や院内SEに…

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ