病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

給料・年収を上げたい!~医療事務からのステップアップの道

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


IEサポート終了間近! LIFEのEdge移行対応ページはこちら。

 LIFE対応ページを見る

f:id:whitefox21:20220113151849j:plain

 

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
管理人の白狐(しろぎつね)です。
 
窓口の会計業務を担う医療事務はどこの病院・クリニックでも必須の職種とあり、就職先に困ることはあまりありません。ちょっと求人を探せば、どの地域でも比較的見つかりやすいのではないでしょうか。そのため、正社員からパートまでさまざまな勤務形態で働く人が多い業界です。
 
その一方で、給与・年収が他職種に比べ低い傾向にあるのも特徴と言えます。待遇面に不満を持ち、転職や別の道を探す人もいるでしょう。
 
ほかの仕事に就くのもよいですが、せっかく覚えた医療事務の知識があるのですから、それを活かせる仕事をして給料を上げることができればベストですよね。
 
職場を変えるにしても、同じ地域での医療事務の仕事であれば給料面で大差は出ず、正職員か否かでしか違いが出ないはずです。
 
どうすれば医療事務からステップアップして給料・年収を上げられるのか?
本記事では、その方法を3つ提案したいと思います。
 

 

目次

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!


転職・キャリアランキング
 
 
 

難易度★ 医療事務以外のスキルも持つ

人手不足が叫ばれて久しい昨今。地方からの人口流出も相まってさらに拍車が掛かり、職場ではとにかく辞められないよう職員に気を遣う管理職が多く見られます。

 

欠員補充が難しいからとにかく現状維持を図る、しかし次々に退職していく者を引き止めることは難しい、それなら溢れた仕事を管理職が被るしかない・・・そんな状況に追い込まれているところも多いかと思います。

 

中間管理職が一番キツイって言いますよね。本当、大変だと思います・・・。

 

そこで重宝されるのが、複数のスキルを持っている人

欠員が出たら他業務に就くことができ、補充されるまでの「繋ぎ」役になれるからです。

 

f:id:whitefox21:20211229110157j:plain

 

併せて読みたい  【医療事務 必見】レセプト点検で参考になったおすすめの本を紹介!

 医療事務の仕事に役立つWebサイト5選、内容を紹介! インターネットも賢く使おう

 医師事務作業補助者(ドクタークラーク)の仕事内容とは

 

あえて「都合の良い人」になる

例えば私なら普段は院内SEをしていますが、医事課で窓口業務やレセプト点検など一通りの業務ができますし、医師クラークとして医師の代わりに書類作成を行うこともできます。

医療事務の資格がなければ点検作業ができませんし、医師の書類作成には医学知識が必要になりますので無資格では書けません。

 

これは雇用側にとって大きなリスクヘッジになります。欠員が出ても、万一の際にはヘルプとして私に穴埋めさせることができるわけですから。

 

 

「いざという時は他業務もこなす用意がある」という態勢を構えておくことで、「困ったらあの人に入ってもらえばいい」という安心感を雇用側へ与えることができ、重宝されることになります。

 

こういうホンネは、管理職は「絶対に」言いません。従業員に「都合の良いように使われる!」と思われてしまうからです。

 

「複数のスキルを持っていたら、それをいい事に好き勝手使われる」と思うでしょうか。確かに最初はそうかもしれません。

 

f:id:whitefox21:20220114085557j:plain

 

「レセプト点検手伝ってよ」「クラークの人手足りないから書類作成やってほしい」などと、本業以外の仕事が舞い込むこともあります。

「こんな仕事のために働いてるわけじゃない」と不貞腐れることだってあるでしょう


しかしどんな業務もソツなくこなせることが分かってくると、次第に周囲からの扱いが変わります。

なぜなら組織としては、本当に重要な人材であれば潰さずに確保しておきたいからです。

 

f:id:whitefox21:20211229111522j:plain

 

併せて読みたい  パソコン全般の知識は遊びながら身に着けるのが近道

 午前免除を狙え!基本情報技術者の講座が特価セール中!

 コレをやるだけ! 医療情報技師 一発合格の勉強方法

 

  

 

本当に必要だと思われたら、扱いが変わる

 

「扱いが変わる」というのはどんなことかと言うと、よく観察していると見えてきます。

 

昇格・昇給といった処遇改善だけでなく、上司が仕事のミスをフォローしてくれたり、根回しに協力してくれたり、飲み会でご馳走してくれたり・・・

こうしたことによって、「自分への接し方が変わってきたな」と実感するシーンが出てきます。

 

目に見えぬ部分でも、上司が自身の権限で出来る限りの対処をしてくれていれば、それはあなたを必要としていることの表れと言っていいでしょう。

 

f:id:whitefox21:20220124114520j:plain

 

もっとも分かりやすいのは、給料が上がるとか役職に付くこと。しかし人事はひとりの采配で決められるものではありませんし、他職員との兼ね合いもありますから簡単に扱いを変えることはできないのです。ましてや昇給や昇格などは、権限がなければできません

 

「自分の権限で出来る範囲」で最大限の恵みをもたらしてくれるかどうか。そこで推し量ることができます。

 

ちなみに、上司や先輩から「良くしてもらっている」ことに気付かないと、冷遇されてしまうこともあります。

 

「こんなに良くしてやっているのに」なんていう感じにね。

 

たとえウソでも(笑)、「フォローありがとうございます!」などと言っておけばいいんです。相手も悪い気はしないですよね。

 

数少ない人手で組織を運営するために、複数のスキルを持った人材(ジェネラリスト)は今後ますます重要になってきます。ぜひ資格を取って強みを持っていたいものです。

 
医療事務の方におすすめする他のスキルとして、ドクタークラーク(医師事務作業補助者)があります。医師の代わりに、電子カルテにオーダーを登録したり、書類作成を作成したりする仕事です。

理由は、仕事内容が医療事務の延長線上にあり、比較的資格を取りやすいから

記事の後半で医療情報技師の仕事をおすすめしますが、ITスキルが必要ですのでハードルが上がります。パソコンな苦手な人には難しいでしょう。

下記記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 医師事務作業補助者(ドクタークラーク)の仕事内容とは 

 

  

 

難易度★★ IT・パソコンに詳しくなる

PCが嫌でなければ、病院で電子カルテシステムを管理する仕事=医療情報技師を目指す道もあります
 
医療情報技師ってなに?という方はまずこちらの記事をご覧ください。
 
一般的には、組織内のPCやシステムを管理する部門を「情報システム部」「情報管理部門」などと言い、通称「情シス」と呼ばれます。病院での情シスを担うのが、医療情報技師となります。
 
きっと、この記事を読んでいるあなたの病院にも1人くらいいるはずです。
 

「情シス」でググるとこれに関する情報がたくさん出てきますから、興味のある方は調べてみてくださいね。

 

併せて読みたい  コレだけは取ろう。院内SEに必要な資格

 医療情報技師は意味ない…ワケがない!取得するメリットとは

 コレをやるだけ! 医療情報技師 一発合格の勉強方法

 
  
 
ですがPCに詳しくない方にとって、急にPC分野の知識を習得するのは難しいですよね。
そこでオススメするのが、IT系の資格取得です。

まずは初級の国家資格である、「ITパスポート試験」に取り組んでみてください。資格の概要については、主催者であるIPAのホームページが詳しいです。
 
 
 
IT系の国家資格で、入門者向けの難易度です。コンピュータに関する基礎知識が問われます。PCの勉強といっても何から取り組めばいいのか、どう勉強すればいいのか分かりませんよね。こちらの資格取得を通じて、IT知識を体系的に学んでいくのが効率的です。

 

 
試験合格の早道は過去問をひたすら解くことだと私は考えていますが、基礎知識がないと間違いだらけで効果がありません。テキストを読んで、問題を解き理解度を確かめる、という地道な方法がよいでしょう。
 
 
参考書って新品で買うと意外と高いですよね。
別に中古でも構わない!という方は、国内最大級のネット中古書店「ネットオフ」で探してみてはいかがでしょうか。

3,000円以上の注文で送料無料です!

=> 日本最大級ネット書店のネットオフ
 
パソコンに詳しくなれば、医療事務以外の仕事もできる人材として重宝されるはずです。
 
さらにITスキルの土台を作っておけば、さきほどの「医療情報技師」の資格取得にも非常に役立ちます

 

パソコンが苦手だけど、詳しくなりたい・・・

そんな方は、オンラインの通信講座でまずはITパスポートの資格を取りましょう。

パソコンを学ぶと言っても、好きな人でなければ一人で覚えるのは大変です。ITパスポートはIT系資格の入門レベルであり、これに合格するのがパソコンの知識を手っ取り早く覚える近道です。資格の勉強を通じて、体系的・網羅的に学べるからです。

オンライン講座STUDYING(スタディング)ではスマホ向け学習アプリが提供されており、忙しい社会人やパートタイマーの主婦でもスキマ時間に勉強できます。

忙しい現代人にとって、スキマ時間をいかにうまく使うかが大事ですよね。
ぜひ、検討してみてください。

f:id:whitefox21:20211229114318p:plain


=> オンライン講座STUDYING(スタディング)のITパスポート 合格コースを見る

 

難易度★★★ 医療情報技師の資格を取る

最後に紹介するのは、医療情報技師の資格を取ることです。
 
医療情報技師については別記事で詳しく解説しています。長くなりますので、知りたい方はこちらをご覧くださいね。
 
また、試験の勉強方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しました。ぜひご覧ください。
 
 
いかがでしたでしょうか。
以上が私の提案する、医療事務からステップアップする道です。
 
人材不足が加速する中では、マルチな技能を身に着けていると重宝がられます。ステップアップを考えている方は、参考にしてみてください。
 

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ