病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

後悔したくない20代へ。地元にUターン転職して良かったこと

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


中古パソコンでインフレを乗り切ろう! 特集ページはこちら。

 中古パソコン特集ページへ

f:id:whitefox21:20220330161317j:plain

 

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

私は新卒で都内のIT企業に就職しましたが、数年働いたあと20代のうちに地元・北海道へUターンし、それ以来10年以上、病院のSEとして働いています。

 

20代は、人生を変えるような大きな決断をするのにもっとも適した年代

なぜなら若いからです。

 

私と同じように、上京したはいいがやっぱり地元へ帰りたい、と考えている20代もいるでしょう。しかし一度選んだ道を変えるのは、なかなか踏ん切りがつかないもの。

 

迷いを断ち切るには、実際にやってみた人の体験談が参考になるはず。

そこでこの記事では、20代で地元にUターン転職した私が、良かったと思うことをリアルに語っていきます。

 

迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事は20代の方向けの内容ですが、30代からでも転職は十分可能です。
しかし、20代と同じやり方では通用しないかもしれません。

そこで、こちらの記事では30代が病院へ転職するための裏ワザを紹介しています。
興味があれば、ぜひご覧くださいね。

 30代でもIT業界から病院へ異業種転職できる!裏ワザを紹介

 

 

目次

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!
※クリックすると私に票が入ります。押すだけなら無料(笑)!情報が取られる等はありませんので、ぜひ応援よろしくお願いしますm(_ _)m


転職・キャリアランキング

 

 

 

20代なら、若さを活かせ!

20代の方からすれば、「若い」=「10代」であり、自分はもう若くないと思うかもしれません。

しかし、それは20代と比べて10代が若い、というだけ。

 

社会人として過ごす年齢は、20代から60代までの約40年間

20代は、「社会人年齢」でいうとまだ始まったばかりです。

 

仮にいま29歳だとしても、あと30年を社会人として過ごすわけです。分かりきったことを説明するようですが、20代のうちは将来身に降りかかってくるさまざまな出来事を想像できないので、現状がこの先も30年続くように思ってしまいがち

 

しかし、そうではない、ということをここで伝えておきたいと思います。

 

▼20代は、社会人年齢のうち1/4でしかありません。その間に、成功、失敗、苦難、達成、挫折などいろんな経験を味わいます。

f:id:whitefox21:20220415110001j:plain

 

 

当たり前のことを何言ってんの?

 

「若い」うちにいろんなことを経験しておこう、とはなかなか思えないからです。30代、40代になって初めて「20代って若かったんだな」としみじみ思うんですよね(笑)。

 

人生経験も社会経験も浅い20代のうちは、自分が見えている世界=世界のすべて、のように思ってしまうため、常に周りと比較し、良い大学・良い企業に行けなかったら人生終わった・・・みたいな諦めを感じるかもしれません。

 

しかし年齢を重ねさまざまな人と出会い、いろんな世界が見えてくると、良い大学・良い企業に行ったからといって将来が約束されるわけではない、ということが分かってきます。

うらやましい人生を送っていたのに行き詰まったり、諦めていた人生が思いがけず好転したりする場面に遭遇することがあるからです。

 

初めはうまく行っているように見えても、それがずっと続くとは限りません

逆に、最初はうまく行かなくても、チャンスを掴んで飛躍することもあります。

 

f:id:whitefox21:20211227120039j:plain

 

学生時代の友人や会社の同期とは、20代のうちは仕事の忙しさや生活環境に大差はないもの。

 

しかし30代になると、自分を取り巻く周りの状況が変化してきます

 

結婚、病気、親の介護といった人生を変えるライフイベントを迎え、年収ややりがいを諦めて別の仕事に就く、といった選択をする人が出てきます

「自分の意思では簡単に変えられない境遇」に出くわすのです。

 

また、うまく行かない状況が思いがけず好転することもあります。

 

例えば都内のIT企業に勤めていた私は諸事情でやむなく地元へ帰ったわけですが、田舎の地元にはIT企業などないため、なんの仕事をしようか悩みました

しかし、性に合わない仕事をイヤイヤ続けたくはなかったので、いろんな仕事を必死で探し、今の院内SEに至っています。

 

そして、院内SEの仕事を天職だと思うほど気に入っています。仕方なく選んだ仕事だったはずが、いざやってみたら前の仕事よりも自分の性に合っていたわけです。

 

つまり、20代のうちは現状がどうであれ、今を変えたいと感じているなら思い切って転職してみるべきです。行動を起こすなら、身軽な20代のうちが有利なのです。

 

歳を取れば取るほど、身動きが取りづらくなります。後から後悔しても遅いので、若さをどう活かすか考えておくことをおすすめします。

 

「今日が一番若い」って言うもんね。

 

では、実際に20代で地元へUターン転職した私が、「本当に良かったと思う本音」を5つに厳選して共有したいと思います。

 

この記事を読んでいる方がもし人生や生き方に悩みを感じていたら、ぜひこの本を読んでみてください。

「悩みに支配される毎日は止めにして、今日を生きることだけ考えよう」と思わせてくれる一冊。私も仕事や私生活で悩みを抱えた時は、いつもこの本を開いて自分を勇気づけています。

他の本と比べて特徴的なのは、著者が言いたいことをいろんな人のエピソードを交えて紹介しているところ。この本が初めて発行されたのは1944年と古く、当時は戦時中ということもあり、エピソードに登場する話は現代人からすれば昔話に近いものがあります。
しかし結局のところ、いつの時代も人は同じことで悩むんだということが、この本を読むことで感じられるはずです。


 

併せて読みたい  IT業界をやめてよかった。病院SEに転職して得たもの~体験談

 SEに向いてない…と思ったら。病院のSEがおすすめできる理由

 戻りたい…と転職を後悔しないために。捨てるものを考えよう

 

良かったこと① 家族と支え合える

 

地元に帰って最も良かったと思うことは、家族と距離が近くなったこと。特に子どもが生まれると、仕事と育児の両立が想像以上に大変です。

 

「子育ては大変」なんて子持ちの人なら誰もが言うことだし、そんなもんでしょ・・・と思うでしょうが、実際に親になると「こんなに大変なのか。親は偉大だ」だと痛感しますね。

 

手のかかる時期に、少しでも親が子どもの世話を代わってくれたり、家事を手伝ってくれたりするだけで気持ちに余裕が出てきます。親としても、負担のかからない範囲で孫と遊ぶことができれば嬉しいでしょうし、それだけでも一つの親孝行になるはずです。

 

f:id:whitefox21:20220415095336j:plain

 

ありきたりな話に聞こえますが、実際に当事者になると非常に痛感するものです。気持ちに余裕が持てないと、しだいに夫婦の仲がギスギスしたり、思いやりに欠ける行動から喧嘩したりして、家庭がうまく行かなくなるものなのです。

 

子育てや家庭がうまくいかなくて離婚する人もたくさんいるからね。

 

家族との関わりは、大げさでなく仕事以上に人生に大きな影響を及ぼします。家族のために踏ん張れることもあれば、家族に振り回されて立ち行かなくなることもあります。

 

特に、人生最大のイベントである結婚については、そもそも結婚すべきか、どんな人と結婚すべきなのかを多くの人が悩むところ。

 

▼結婚を考えるなら、下記の本を一度は読んでおくことをおすすめします!私はこの本で「結婚は技術だ」ということを教えてもらい、十分納得した上で結婚に踏み切りました。結婚を考えている方や夫婦生活に悩んでいる方は、一読してみることをオススメします。目からウロコ、間違いなしです!

 

 

また、30代になると親の老いを如実に感じるようになり、将来の介護や生活の世話を現実的に考えなくてはならなくなります。近くにいれば、一緒に住むことや、近い距離に住んで何かあったらすぐ駆け付ける、といったことも可能になります。

 

親の介護なんて20代のうちから考えたくねーよ。

 

ですよねー・・・でも、いずれは考えなくてはならないのも事実。そして現実問題として降り掛かってくるのが30代以降なんです。

 

「何かあったら頼れる存在」は親にとっても意外と大きいもので、それがあるからこそ、親は安心して毎日の生活を送ることができます。

 

また、災害が起きたときにも支え合うことができます。たとえば避難生活を強いられるほどの災害に見舞われた場合、親身になってくれるのはやはり家族でしょう。いま世界に蔓延している新型コロナウイルスの影響下にあっても、孤立せずに支え合えるのもまた家族です。

 

併せて読みたい  婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(前編)【身だしなみについて】

 婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(中編)【マッチングアプリの魅力】

 婚活がうまくいかない人へ。論理的に考える婚活ハック(後編)【マッチングアプリの攻略】 

 

 

良かったこと② 保育園・幼稚園に困らない

 

地方では、都市部ほど待機児童の問題を抱えていません

 

私の周りにも、預けられる保育園がないためにやむなく都市部から地方に戻ってきた女性の知り合いがいます。当然ながら、夫は仕事があり一緒に帰ることはできませんので、その知り合いは数年間別居していました。

 

f:id:whitefox21:20220415121628j:plain

 

長いこと保育士不足が叫ばれ、待機児童問題の早期解決が求められていますが、抜本的な解決には至っていないのが現状。

 

子どもを幼稚園・保育園に通わせたい、働きながら育児をしたい、という方はこの点についてもよく検討する必要があります。

 

併せて読みたい  【考察】新卒で院内SEになれるの?

 院内SEにおすすめしたい、コミュニケーション力を上げる本

 院内SEに求められるコミュニケーション力の正体

 

 

 

良かったこと③ 「地の利」を活かせる

 

「地の利」とは、「その地にいることが有利に働く」ことを意味します。

 

例えば自分の出身校については東京に出れば誰も知りませんが、地元では有名なこともありますよね。全国レベルで見れば目立たない出身校であっても、地元で知名度が高ければ採用時の強みになったり、同じ出身校の縁で仕事が回ってきたり、なんてこともあります。

 

 

出身校で判断するのはひいきなんじゃないかと思うかもしれませんが、それも人情というもの。個人の持つスキルや仕事の成果だけによらない、目に見えない評価も存在するわけです。

「地の利」を活かさないことは勿体ないこと。こんな視点で社会を見れるようになるのもまた、30歳ころなんですよね。

 

併せて読みたい  コレだけは取ろう。院内SEに必要な資格

 院内SEの実際は? リアルな年収を語ります

 院内SEが向いているのはこんな人!特徴を3つ紹介

 

 

良かったこと④ 都会で磨いた経験が活きる

 

都会で働いていると、多忙なぶんスキルが磨かれますよね。

日々勉強し、プライベートの時間も割いて自分磨きを頑張ったりして、とにかく毎日が忙しく、面白くもあります。

 

そうした日常に慣れていると、地方では職場の雰囲気がゆったりだなと感じます

 

私は北海道の田舎に住んでいるので、特にそう感じますね。

 

 

「この仕事を、こういう段取りで○時間以内に終わらせる!」みたいなスピード感でやろうと思ったら、「そんな急がなくていいじゃん」なんて言われて、「え、それでいいの?」なんて拍子抜けすることがあります。

 

その空いた時間を、家族や友人と過ごす時間に充てられるわけです。

 

都会で洗練されたスキルは、必ず地方でも活かすことができます。そのアドバンテージを活かさない手はありません。

 

都会に行くのは「修行」と考えてもいいわけだね。

 

 

 

 

併せて読みたい  20代のSEが、未経験で病院に転職した話

 30代でもIT業界から病院へ異業種転職できる!裏ワザを紹介

 「SEやめる」のをやめとけ!病院に転職してみよう

 

良かったこと⑤ 将来の見通しが立てやすい

 

最後に挙げるのは、将来の見通しが立てやすいということ。

 

例えば地方出身者同士が東京で出会い、結婚した場合。老後のことを考えたとき、自力で生活することが難しくなった場合にどうするか?といったことが課題になります。

 

東京に住み続けるか(それが経済的・物理的に可能なのか)、家族や親戚のいる地方に戻って暮らすか。地方といっても、夫婦どちらの地方に戻るのか・・・。

遅かれ早かれ、分岐点に行き着きます。子どもが成人して落ち着いた頃に、「自分たちは将来どこでどう暮らそうか」なんて思う人も少なくありません。

 

f:id:whitefox21:20220415122138j:plain

 

若いうちはあまり想像できないと思いますし、「そんなことは将来考えるさ」と思う人がほとんどのはず。

 

しかし「将来」に到達したころには、職場で重要なポストに就いていたり、転職するには遅い年齢になっていたりして、方向転換できないところまで来ていることが多いのです。

早い段階での選択が、その後の将来を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

 

すでに述べたとおり、地元にいれば家族がいて、支え合って生きていくことができます。結婚相手が同じ地元であれば、どちらかが自分の家族と離れて寂しい思いをする、なんてこともありません。きょうだいがいれば、親が亡くなってからも協力し合えるでしょう。

 

地元にいれば、そうした将来像が見通しやすいと言えます。

 

併せて読みたい  少しの差でも印象が違う!おしゃれな男を演出する小物3選

 脱・おたくスタイル! 女性受けする身だしなみを作るグッズ3選

 知ったら驚く!水もドライヤーも不要、衝撃のメンズ向け寝癖直し

 

 

 

 

以上、地元へのUターン転職を経験した私から、本当に良かったと思う本音を5つご紹介しました。

 

都会と地方の両方を経験し、家族を持つようになって、若い頃とは随分考え方が変わったなと自覚していますので、少しでも共有できればと思い記事を起こしました。

 

今でも、20代はやっぱり「若かったな」と思います。当時は相当悩みましたが、20代のうちに転職を経験しておいて良かったとも思っています。

 

20代はいろんな可能性に満ちている年代

転職を考えている方は、ぜひとも地元へのUターンも視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ