病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

病院のシステムエンジニアってどんな仕事?【社内SEへの転職を目指すなら】

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


中古パソコンでインフレを乗り切ろう! 特集ページはこちら。

 中古パソコン特集ページへ

f:id:whitefox21:20200818114941j:plain

 

システムエンジニアの転職といえば、必ずと言っていいほど選択肢として挙がるのが「社内SE」ですよね。連日連夜遅くまで働く開発業務とは違い、「楽そうだから」「給料が良いから」といったイメージがあるからでしょう。

 

顧客から無茶な要求を受けたり、急な仕様変更に右往左往したりすることがなく、話の通じる内輪の社員を相手に仕事するわけですから、業務内容としては確かに魅力を感じます。

 

私はいま病院内SE(システムエンジニア)として働いており、社内SEの経験はありませんが、似た職種だと考えています。転職活動のなかで「病院内SE」の存在を知ったのですが、ネットで検索してもヒットするのは転職サイトの紹介記事がほとんど。世の中にそんな仕事があるとはまったく知りませんでした

 

また、どんな仕事をするのかは分かっても、実際に働いている人の生の声が聞こえてこず、「結局よくわからない職業」という認識だったのです。

 

転職活動をするときに欲しい情報は、現場のリアルな情報ではないでしょうか。このブログは、病院内SEの認知を広めるために書いています。社内SEを検討している方には、ぜひとも病院内SEにも関心を持って転職活動をして欲しいと思い、その実際についてお話したいと思います。

 

病院内SE=病院版・社内SE

病院内SEとは、読んで字のごとく「病院に勤めるSE」のことですが、一般的には「病院に雇用されているSE」のことを指します。「病院内に常駐する、ベンダーに雇用されているSE」のことではありません。

 

後者のように業務委託の形態を取る病院も少なくないのですが、ここでは明確に区別します。何故かというと、後者(ベンダー雇用の常駐SE)の場合、社内の配属が変われば病院勤務ではなく開発部などの別業務に就く可能性があり、このブログの趣旨と異なるからです。また、病院勤務とベンダー勤務とでは待遇もまるで変わってきます(詳しくは後述)。社内SEと聞けば、どんな仕事なのかなんとなくイメージが湧くのではないでしょうか。

 

主な仕事内容

社内SEというと、社内のPCやソフトウェア等資産の管理や、イントラネットやグループウェアの運用・保守、サーバのメンテナンスといった業務がメインですよね。病院内SEも実はやることは一緒です。

 

ただ、電子カルテや検査システムといった医療に特化したシステムが対象となり、運用に携わる上で医療現場の知識が必須になるところが、社内SEと比べ性質の異なる点です。ここで求められる医療の知識の比重は大きく、医療情報技師という認定資格があることからもその重要性が伺えます。

 

「具体的にはどんなことをするの?」「もっと詳しく知りたい!」という方は、こちらで詳しくご紹介しましたので、読んでみてくださいね。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

whitefox21.hatenablog.com

 

医療情報技師とは

では、その「医療情報技師」とはどういった職業なのでしょうか。

 

医療情報技師とは、平たく言えば医療分野と情報処理分野の双方に長けた人材を育成するために設けられた民間資格です。システム管理の仕事なら医療の知識は不要ではないか、と思うかもしれませんが、病院内SEの仕事のうちもっとも大きなイベントが電子カルテシステムの導入・更改であり、これを推進するために欠かせない知識なのです。

 

電子カルテシステムを導入・更改する場合、看護、検査、薬局、放射線、事務など各部門の担当者が集まり、患者が来院してから会計するまでの一連の流れを詰めていきます。このなかで病院内SEは各部門の要望・意見をまとめながら運用ルールを作り込んでいくのですが、医療の知識がまったくないと言葉の意味を理解できず要求に応えられません。また現場の要求をすべてシステムで実現できるわけではないので、境界線を敷いて残りは人手でやってもらうとか、フリーソフトやExcelのVBAなどで隙間を穴埋めするといった対処が必要になりますが、現場の動きが分からないとその判断もできません。ここで、医療情報技師の資格が生きてくるのです。

 

医療情報技師についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいね。

whitefox21.hatenablog.com


 

給与はどうなのか

ではもっとも気になる給与面はと言うと、正直に言ってしまいますが高給とは言えません。技術職ではあるものの、待遇としては事務職と同等の扱いになります。事務職と一口に言っても、公立か私立か、小規模な病院か大学病院か、都市部か地方かによって千差万別ですので、おおよその給与を知りたい場合は転職したい地域の病院の求人を見ると類推できます。

 

一般的には、ベンダー勤務の方が給与が良いようですね。どこに比重を置いて転職するのかを考えなくてはなりません。

 

待遇面についてはこちらの記事で詳しく書きましたので、併せてご覧ください。

whitefox21.hatenablog.com

 

なぜ病院内SEなのか

それでは、ポジショントークになってしまいますが、なぜ病院内SEという選択肢を勧めるのか、についてです。個人的な意見ですが、一言でまとめるなら「安定しているから」に尽きます。

 

病院は、公務員ほどではないにしても公共色の強い業種であり、不況にも強く職場としては安定しています。地域になくてはならない存在ですので、急に破綻することはまずありません。安定志向の人にとっては魅力と言えます。

 

また、IT系の仕事をしてきた人が自身のスキルを活かせる利点もあります。地元に帰省して社内SEの仕事をしたいと思っても、都市部でなければ求人は限られており簡単ではありません。病院ならばどこにでもありますし、大病院であればシステム担当が一人や二人いるはずですからチャンスがあります。

 

また、比較的残業の少ない仕事でもあります。電子カルテの導入など大きなイベントを除いては、システムにトラブルが起きなければ残業せずに帰宅できますし、よほどのことがない限り休日に呼び出されることもありません。ワークライフバランスの取れた生活が取りやすいのも特徴です。

 

私は田舎の地元に帰ってきた当初、社内SEの仕事をずっと探していたのですが結局求人がなく諦めてしまいました。諦めた矢先に、病院内SEの仕事を知ったのです。そんなジャンルの仕事があるとはまったく思いも寄らなかったのです。このブログを呼んでくださった方には、ぜひとも病院内SEという仕事を知り、興味を持ち、選択肢の一つとして検討して頂ければこれほど嬉しいことはないですね。

 

この記事を最後まで読んでくださった方は、ぜひこちらの記事も読んでみてください。病院内SEのことがもっとお分かりいただけると思います。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

whitefox21.hatenablog.com

 

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ