病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

院内SEの実際は? リアルな年収を語ります

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


IEサポート終了間近! LIFEのEdge移行対応ページはこちら。

 LIFE対応ページを見る

f:id:whitefox21:20210715100735j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

院内SEとは病院における社内SEのことを指しますが、「SE」と名の付くものの実態は事務員の待遇であることがほとんどです。

あまり世間に知られていない職業で求人もなかなか出ないため、興味があっても「結局どんな仕事かよく分からない」と思う方も多いでしょう。

 

転職を考えるなら、やはり年収がいくらなのか知りたいですよね。

 

そこで今回は、院内SE歴10年以上の私が、リアルな年収を語りたいと思います。

 

 

目次

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!


転職・キャリアランキング

 

   

 

院内SEってどんな仕事? 病院でどんな職場なの?

そんな方は、こちらの院内SEまとめページも読んでみてくださいね。
仕事内容からやりがい、将来性、向いている人など院内SEになるためのさまざまな情報を1ページにまとめています。

それらの記事をひと通り読んでもらえば、院内SEの全体像がだいたい分かるはずですよ。

 院内SEに俺はなる! - 病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

 

院内SEのリアルな年収はおよそ400万円前後

 

まず前提として、院内SEは事務員としての待遇になることが一般的です。

 

「SEなのに事務なの?」

 

と思うでしょうが、そうなんです。SEは技術者ですが、待遇は総務や医療事務といった事務職と同等なのです。

 

病院における技術者とは、主に医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、診療放射線技師など、診療に携わる国家資格を持った人たちを指します。われわれ院内SEは、診療を下支えする「縁の下の力持ち」なのです。

 

大規模な病院や、研究を行う大学病院などでは少し事情が違うかもしれません。院内で使うシステムを自前で開発・運用することもあります。その場合は、事務員の扱いではない可能性があります。

 

f:id:whitefox21:20220104145937j:plain

 

院内SEと医療系SEはまったく違う! 院内SEとは、「病院に勤務するSE」のこと。
よく見かける医療系SEとは、一般的には「病院向けのシステムを開発するSE」のことを指します。例えば、銀行向けシステムを開発するなら金融系SE、インフラならインフラ系SE、というのと同列です。

この2つはまったく別の職業であり、年収も仕事内容もまるで違いますので区別してください。混同したまま転職活動すると、後悔する羽目になります・・・。

管理人は院内SEですが、システムを納品するベンダーと日々接しているので医療系SEがどんな仕事かは分かります。
その違いをこちらの記事で詳しく解説していますので、併せて読んでみてくださいね。

 医療系SEがきつい理由。でもSEの引退は待って! 

 

 

特定個人の年収を見たところで、それが一般的な額かどうかは判断できません。都道府県、年齢、男女、などの要因で変わってきます

 

そこで転職サイトに公開されているデータを引き合いに出しながら、年収の相場を見ていくことにします。

 

 

 

転職サイトdodaで、職種別の平均年収が掲載されています。

もっとも近いのが「事務/アシスタント系」なので、見ていきます。

 

doda.jp

 

30代は「346万円」とあります。男女合わせての平均ですので、男性の場合はもう少し上がりますね。

東京と地方とでは当然差がつくでしょうが、私の感覚的にだいたいこれくらいがリアルな数字です。

 

東京では地方より上がりますから、これらを加味するとおよそ400万円前後が相場と考えてよいでしょう。

 

ちなみに、北海道の田舎に住む私の年収は300万円後半です。

 

 

システム開発を行う医療系SEになりたいなら、転職エージェントを使うのがおすすめです。

大手転職エージェントであるレバレジーズテックマイナビ IT AGENT 、地方の求人に強いヒューレックス、第二新卒をメインターゲットとした第二新卒エージェントneo あたりで探してみると良いでしょう。

 

併せて読みたい

 院内SEをオススメする理由~メリットとデメリットを紹介

 病院のシステムエンジニアってどんな仕事?【社内SEへの転職を目指すなら】

 現役の医療情報技師が仕事内容と1日のスケジュールを公開します

 

 

よりリアルな情報を求めるなら、ハローワークを活用しよう

 

400万円前後という数字は、あくまでdodaがまとめた平均をもとに弾き出した額です。もちろん、勤務先の都市の規模、病床数(病院が備えるベッドの数)、土日出勤の有無などによってさらに変動します。

 

後悔しない転職をするなら、「自分が暮らす街の病院で働いたら、いくらになるのか」が知りたいですよね。

 

f:id:whitefox21:20220113113901j:plain

 

dodaで都道府県別のデータも公開されていますが、業種で分けられていないので目安にしかなりません。

 

doda.jp

 

そこでおすすめするのが、ハローワークで病院事務職の求人を見ることです。

なぜなら、たいていの地域で求人情報が存在し、かつ賃金が公開されているからです。

 

www.hellowork.mhlw.go.jp

 

  

 

医療情報技師育成部会のホームページにある公募情報から院内SEの求人を探すこともできますが、なにせ数が少ないので、自分の住む街の求人がなければ参考にすることができません。

なお「医療情報技師」とは民間の資格で、院内SEになるとほとんどの場合で取得することが求められます。志望する人はぜひ覚えておいてください

 

www.jami.jp

 

 

前述したとおり院内SEの待遇は事務職に近いですので、ハローワークで公開されている求人から、自分の住む街でのおおよその年収を推測することが可能なわけです。

かなり現実に近い数字が導き出せると思います。

 

 

併せて読みたい  医療情報技師は意味ない…ワケがない!取得するメリットとは

 コレをやるだけ! 医療情報技師 一発合格の勉強方法

 現役の医療情報技師が仕事内容と1日のスケジュールを公開します

 

 

SEの年収は500万円前後が主流だけど・・・

 

さて今度は、SE界隈の全体像を見るために、一般的なSEが該当する「技術系(IT/通信)」の平均年収を見てみましょう。

 

doda.jp

 

30代で502万円とあります。およそ500万円前後と見てよいでしょう。

 

単純に比較すると、院内SEはほかのSEに比べて100万円ほど年収が低いということになります。

 

院内SEの立場としては悔しいですが、富士通や東芝に勤める友人の話を聞くとこの数字はリアルなものだそうで、正直この差は認めざるを得ません。(ネガティブな情報も、惜しまず出していくのが当ブログの趣旨ですので・・・)

 

f:id:whitefox21:20220113114101j:plain

 

そもそも、都内で東証一部上場の企業に勤めるのと、地方の一病院に勤めるのとでは全てにおいて歴然たる差がありますので、年収を比較することがナンセンスではあります。

 

納得のいく転職をするためには、目を背けたくなる情報もしっかり見て、分かった上で判断することが大切になります。

 

併せて読みたい  医療系SEがきつい理由。でもSEの引退は待って! 

 IT業界から足を洗う!なら知っておきたい、院内SE 

 院内SEの仕事に当直や夜勤はある? 

 

 

 

「SEの平均年収を想像していたのに、話と違う」とならないよう、想像に留まらない、リアルな情報収集が重要です。

 

ちなみに、上記dodaの記事では、「技術系(IT/通信)」の平均年収が438万円とあります。よくよく考えると、この調査対象はほぼ20代、つまり若い層に偏っていることがよく分かります。

 

f:id:whitefox21:20220120170928p:plain

引用:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_04

 

なんで?

 

各年代の平均年収を見れば分かりますよ。

 

20代が 361万円、30代が502万円、 40代が603万円、50代~が685万円。これらを単純に平均すると約537万円ですが、438万円と一致しません。ということは、各年齢層の人数にはバラツキがあるということです。

 

全体の平均年収の計算式は、おそらくこうでしょう。

 

全体の平均年収=全ての年齢層の年収合計 ÷ 全ての年齢層の人数合計

「全ての年齢層の年収合計」に20代の割合が多くなればなるほど、「全体の平均年収」は低くなりますね。

 

30代以降はこの「技術系(IT/通信)」できちんと働いていけるのか?という疑問を感じざるを得ません・・・。

 

 

  

 

医療系SEは院内SEではないので注意!

 

ところで、上でも少し説明しましたが、院内SEについて調べていると「医療系SE」の情報に行き当たることがあります。

この2つはまったく別物であることに注意してください。

 

医療系SEとは、医療系システムの開発ベンダーに勤務するSEのこと。開発業務が主な仕事です。

院内SEとは、病院に勤務するSEのこと。ベンダーが納品したシステムを管理するのが主な仕事です。

 

「医療系SE」も単に言葉の意味だけ捉えれば、広い意味で病院に勤務するSEを指すかもしれませんが、一般的にそうした意味を持ちません。普通は「院内SE」と呼びます。

 

勤務先、仕事内容、待遇などなど、何から何まで違います。混同すると正しい情報が得られませんので、しっかり区別してください。

 

▼医療系SEの実際についてはこちらの記事で紹介していますので、興味があれば併せてご覧ください。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

  

 

年収以外にも着目しよう。院内SEの魅力はコレ!

 

以上、現役の院内SEである私から、リアルな年収についてお話しました。

 

f:id:whitefox21:20220105114816j:plain

 

年収至上主義の方にとっては、院内SEはあまりオススメできないかもしれません。

 

しかしながら、上記で紹介したdodaの都道府県別平均年収データによると、例えば北海道の男性の平均年収は400万円ちょうどとなっており、院内SEの年収は平均並みと言える額です。低すぎるということはないはずです。

 

確かに転職においては年収が最重要でしょうが、後悔しない転職をするなら、年収以外の側面にも着目してリサーチすることが大切です。

 

私の考える院内SEの魅力は、次の3つです。

 

  1. 勤め先が病院なので、地方にも仕事がある
  2. 定年まで見据えられる、安定した職場
  3. ワークライフバランスが保てる

 

  

 

併せて読みたい

 「SEやめる」のをやめとけ!病院に転職してみよう

 システムエンジニアが病院に転職して驚いた!イメージとのギャップ

院内SEはどこで募集している?求人の探し方、教えます

 

1.勤め先が病院なので、地方にも仕事がある

「SEでバリバリ稼ぎたい!」と思っても、地方ならまず仕事はなく、都市部、それも東京に行くことが必須になるでしょう。地方でSEのスキルを活かした仕事に就きたくても、求人が無いために叶わないこともあります。

 

ところが病院は全国どこにでもあるので、院内SEの働き口があります。なかなか求人が出ないので、本当にそんな仕事があるのか疑問に思うかもしれませんが、病院で稼働するシステムは誰かが管理しなければなりませんので、確実に存在します。

 

▼もし、地元へ帰って院内SEの仕事に就きたいと思ったら、下記記事を参考にしてみてくださいね。

whitefox21.hatenablog.com


 

 

 

2.定年まで見据えられる、安定した職場

院内SEのニーズがあるのに求人が出ないということは、裏を返せば「なかなか人が辞めない」ということ。それだけ、安定しており働きやすいことを意味しているのではないでしょうか。

 

SEには、いわゆる「35歳定年説」があると言われます。詳しい内容は下記記事に譲りますが、60歳までの定年を見据えた転職をするなら、院内SEは十分選択肢になります。

 

▼院内SEの魅力についてはこちらの記事にまとめましたので、併せて読んでみてください。

whitefox21.hatenablog.com

 

 

 

3.ワークライフバランスが保てる

最後に、ワークライフバランスが保てるのも良いところです。

 

院内SEの仕事はシステムの安定稼働ですので、特にトラブルがなければ残業もありません。もちろんトラブルが起きれば解決するまで帰れませんし、休みの日でも呼ばれることはありますが、そうそう起こるものではありません。

 

実際に私も、平日は定時上がりで土日もしっかり休めています

 

仕事が板につくまでは、トラブルに振り回されて残業で対応することもありますが、慣れてくると「どこに問題があり、どうすれば最短で解決できるか」が直感的に分かってくるので、大抵のトラブルをスピーディーに処理できるようになります。

 

院内SEとしての腕が上がれば上がるほど短時間になっていきますから、自分が早く帰れるというだけでなく、「さすがだね」と周りにも感謝されます。

 

▼ワークライフバランスについては、こちらの記事で取り上げましたのでぜひご覧ください。

whitefox21.hatenablog.com

 

 

 

転職を考える方には、ぜひ年収以外の側面にも着目して情報を集めていただきたいと思います。 

 

院内SEに興味を持ったら、こちらのまとめページをぜひご覧ください!

院内SEの仕事内容、やりがい、将来性などなどを網羅していますので、ひと通り読んでもらえば全体像が掴めるはずです。

 

 まとめページを見る

 

本記事が、院内SEを志望する方の一助になれば幸いです。

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ