病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
中古パソコンで値上げを乗り切る!失敗しない買い方・選び方
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

インターネットにつながらない!

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


上手に中古パソコンを買って値上げを乗り切ろう! コツをこちらで紹介しています!

 中古パソコン特集ページへ

あるあるネタです。

 

インターネットがつながらなくなった、との問い合わせ。

調べてみると一部の部署では使えるが、ほかでは使えない。しかも数分前まで使えていた部署でも今では使えなくなっており、時間差で他部署にも波及している。まるでウイルスが伝染しているかのように。なぜ?

 

ループ現象でした。

 

掃除のおばちゃんやパソコンに詳しくない職員が、抜けているLANケーブルを見て差し直したと推測されます。コンセントと同じ感覚だったのでしょう。

 

ループが原因だと分かるまで時間かかりました。

ハブのアクセスランプが猛烈に点滅しているので、ひょっとして?と思ったわけです。

 

1つのルータやハブに、同じLANケーブルを差すと起こるこの現象。

院内の数あるハブの中から該当箇所を見つけ出すのは困難を極めますが、探すしかありません。
手の空いている職員を借り出し、手分けして探し出しました。

いやはや、苦労しました…。

 

ループの防止策としては次のようなものが考えられます。

 

再発防止策1

LANポートをキャップで埋める。今回私が対処したのがこの方法。

 

 

再発防止策2

ループ検知機能付きのハブを導入する。

 

 


再発防止策3

インターネットのケーブルが抜けていたら独断で差さず、管理者へ連絡するよう周知する。

地道な啓蒙活動は意外に効果あります。下手にいじられるよりマシですよね。

 

個人的には、物理的に遮断するのが最も効果的だと思っています。

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ