病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

「SEやめる」のをやめとけ!病院に転職してみよう

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


中古パソコンでインフレを乗り切ろう! 特集ページはこちら。

 中古パソコン特集ページへ

f:id:whitefox21:20220107163007j:plain

こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

「システムエンジニアを辞めたい」

 

SEなら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、「SEを辞める」のは辞めたほうがよいです。

 

というより、もったいないと思いませんか?

 

SEは技術職ですから、せっかく築き上げてきたスキルを生かして転職すべきです。

しかし、SEを辞めたいほどに仕事に嫌気が差している・・・

 

そんな方には、病院に転職して「院内SEになる」のをおすすめします。

 

SEを辞めたいのに院内SEがおすすめできる理由は、IT業界と病院がまったく別世界だから

院内SEとは「SE」と名の付く職種ですが、SEらしい仕事よりもヒューマンスキルが重んじられる世界ですので、転職したことを実感できるはず。

 

この記事では、病院がIT企業とどう違うのかをなるべく分かりやすく説明していきます。

SEを辞める前に、ぜひ一読してもらえたらと思います。

 

 

目次

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!


転職・キャリアランキング

 

「お前誰よ?」と思った方へ。

管理人は、IT企業から病院に転職してこの道10年以上の、現役院内SEです。
院内SEの仕事は同業のSEにすらほとんど知られていない希少種であるため、転職するときに相当情報集めに苦労した経験があります。
そのため、知名度向上を目指してこのブログを立ち上げました。
私のプロフィールについては、下記ページをご覧ください。

 このブログについて


院内SEのことを手っ取り早く知りたい!という方は、仕事内容から年収、やりがい、将来性までを網羅したこちらのまとめページを読んでくださいね。これを読めば、院内SEの全体像が掴めるはずです。

 院内SEに俺はなる!

 

 

病院とIT企業の違い

 

病院とIT企業がどう違うのかをイメージ図にしました。

 

f:id:whitefox21:20220107163210j:plain

 

すべてにおいて逆だね。

 

そうなんです。違うからこそ、おすすめできるんです。

 

病院とIT業界の違いを、一つずつ見ていきます。

 

業種:病院は古い、IT業界は新しい

 

病院は、地域に暮らす人々の安心・安全な暮らしに欠かせない存在。いつの時代にも、どの地域においても、誰からも必要とされる業種です。

 

歴史と実績のある業種であり、時代に流されて需要がなくなることはありません。不況に晒されても衰退しない安定度と、長きにわたって存在し続ける将来性は折り紙付きです。

 

ごく当たり前のことを述べているに過ぎませんが、コロナ禍では多くの人が自分の仕事の存在意義を見つめ直したのではないでしょうか。

 

不要不急と判断されたり、営業の制約を受けたり、あるいは経済活動の停止によって特需を得たり・・・多かれ少なかれ、仕事は社会の変化に影響を受けます。向かい風に当たることもあれば、追い風に支えられることもあります。

 

コロナ禍では感染予防のために受診控えが見られたり、感染対策のために設備投資が必要になったりなど、病院の経営が苦しくなったところも多いですが、それでも直ちに病院が立ち行かなくなるのは稀。社会の変化や、景気の波に晒されにくい業種です。

 

コロナ禍で、病院の必要性を痛感した人も多いよね。

 

私は公務員に匹敵する安定度だと考えています。

 

安定した職業といえば公務員。公務員は難関の試験や面接を突破したエリートのみがたどり着ける領域ですが、病院のSEなら、システムエンジニアでも十分転職できる道があります。

 

併せて読みたい

 【SE辞めたい人へ】地元の病院で働こう!院内SEの募集を探す方法

 院内SEはどこで募集している?求人の探し方、教えます 

 

 

重要なスキル:病院はヒューマンスキル、IT業界は技術力

 

院内SEの仕事は、病院で稼働するシステムを運用・管理することです。モノを作るシステムエンジニアとは別で、要件定義や仕様設計、コーディング、テスト、デバッグなどはほとんどやりません。

 

そこで重要になるのが、病院職員と円滑にコミュニケーションする力。つまりヒューマンスキルの領域なのです。SEでありながら、ヒューマンスキルが重視される仕事というわけです。

 

院内SEは、システムを納品するベンダーと病院職員との橋渡しを行う、いわば通訳者。専門職である各々の言葉を、相手が分かるように噛み砕いて説明していきます。医療現場のニーズをベンダーへ伝えたり、システムで実現可能な範囲を職員に納得させたりするわけです。

 

併せて読みたい

 医療情報技師の役割をひとことで表すと「通訳者」

 

システムの仕様を理解するにはSEスキルが必要ですし、医療従事者と対等に話すには医学分野の知識が必要。これら双方の知識を問う「医療情報技師」という資格があり、院内SEにはほぼ必須となっています。

 

「ほぼ」必須なので、なくても仕事はできます。が、多くの場合は資格を取るように言われると思います。

 

併せて読みたい  コレだけは取ろう。院内SEに必要な資格

 コレをやるだけ! 医療情報技師 一発合格の勉強方法

 

 

医療情報技師は「最低限」のスキルであり、もっと重要なのがコミュニケーション力。医療の世界は、労働者の年齢層が高いうえ、社会的地位も高い人ばかり。言葉の選び方や応対のしかたには慎重さが必要です。

 

人と接するのが嫌いでなければ、院内SEには向いているといえます。

 

併せて読みたい

 院内SEに求められるコミュニケーション力の正体 

 院内SEにおすすめしたい、コミュニケーション力を上げる本

 院内SEが向いているのはこんな人!特徴を3つ紹介

 

 

従業員の年齢層:病院は高い、IT業界は低い

 

先に述べたとおり、従業員の年齢層は病院では結構高め。50~60代といえばIT企業では会長や社長クラスですが、医師では現役もザラ。IT業界ではベテランに入る30代も、病院では若い部類。平均年齢を見れば、比べるまでもなく病院の方が高いです。

 

とはいえ、どの病院でも一律年齢が高いわけではありません

「急性期」と呼ばれる、救急患者や短期入院を要する患者を受け入れる病院では比較的若く、「慢性期」といって長期入院する患者が多いところは年齢が高めな傾向です。

 

急性期はより専門的・高度な医療が行われるため、勉強のために若い職員が来るんですよね。

 

若いうちは年齢など気にせず働く人が多いでしょうが、30代になると、出世したり会社を退職したりする人が周りに増え、今の職場に居続けていいのか悩むことがありませんか?

 

そんな心配がある方にも、病院は定年まで安心して働ける職場と言えます。

 

併せて読みたい

 IT業界をやめてよかった。病院SEに転職して得たもの~体験談

 現役職員がリアルに語ります。医療情報技師の将来性とは

 

 

企業風土:病院は古い、IT企業は新しい

 

次に挙げるのは、企業風土。

 

これまで述べたとおり、良くも悪くも病院は古い体質、IT業界は新しい体質と言えます。

これは企業風土にも現れてきます。

 

先陣を切って新しい取り組みを行っていくIT企業に比べ、病院は後発の後発。「IT化が最も遅れている」と言われるほど、医療業界は変化のスピードが緩やかです。

 

どんどん新しいことに挑戦し、未開の地を切り開いていくのがIT企業で、石橋を叩いて渡るのが病院です。

 

それもそのはず。病院は人命を預かる存在ですので、軽率な判断をしたがために「そうなるとは思わなかった」では済まされないからです。

 

「とりあえずやってみて、駄目なら引き返せばいい」という発想がなかなか難しく、常に「先に進めて問題がないのか慎重に確認してから行く」という姿勢。

 

IT企業から病院に転職した人が「まだこんなことやってるの?」なんてことはよくある話ですね。

 

しかし、実は私もそうなんですが、次から次へと目まぐるしく環境が変わるのが苦手な人にとっては、緩やかに進む病院のほうが居心地が良い場合もあります。

 

一言で表すと、病院は百生不磨、IT企業は栄枯盛衰

f:id:whitefox21:20220111140319j:plain

 

では最後に、これまで見てきた両者の特徴を一言で表すと、こうではないでしょうか。

 

病院は百生不磨(ひゃくせいふま)。

IT企業は栄枯盛衰(えいこせいすい)。

 

百生不磨・・・いつまでも消えることなく存在し続けること。

栄枯盛衰・・・栄えたり衰えたりすること。

 

どちらが良い悪いという話ではなく、それぞれの業界の特徴を知った上で、自分に合った仕事を選ぶべきです。

 

SEを辞めたいと思い、異業種に挑戦する方もいます。

意欲を持って挑戦するなら良いのですが、SEが辛くて辞めたい、というネガティブな理由で辞めるなら、院内SEを一度は検討してみてほしいと思います。

 

ここまでの話を聞くと、「お、意外と病院良さげだな」と思うかもしれません。

しかし、もちろん良い面ばかりではなく、院内SEは一般的なSEに比べ年収は下がる傾向にあります。こちらの記事で詳しく解説していますので、併せて読んでみてください。

 院内SEの実際は? リアルな年収を語ります

 

私はIT企業で働いたのち、院内SEに転職して10年以上になります。

当時はネットに院内SEの情報などなく、どんな仕事なのかよくわからないまま転職活動していました。

 

院内SEはまだまだ知名度の低い職種で、あれから10年経った今も、未だにネットには十分な情報があるとは言えません。

 

院内SEについての総まとめページを作りましたので、興味があればぜひひと通り読んでみてください。

院内SEの年収、働きやすさ、やりがい、ワークライフバランス、転職の仕方、求人の探し方などを網羅しています。

 

 まとめページを見る

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ