病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
中古パソコンで値上げを乗り切る!失敗しない買い方・選び方
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
IT業界をやめてよかった。病院SEに転職して得たもの~体験談
医療系SEがきつい理由。でもSEの引退は待って!

私はこうして合格した!医療事務の資格を独学で勉強した体験談

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


ブログに掲載する読者からの質問を募集中!質問への回答を記事にして載せます。こちらのお問い合わせフォームから気軽に投稿してくださいね。

 お問い合わせフォームへ

 

病院のSEとして10年以上働いている白狐(しろぎつね)です。

 

私はSEから病院に転職したのですが、業界未経験でしたので初めに医療事務の仕事に就きました。この仕事をする上で、避けて通れないのが医療事務の資格を取ることです。資格必須の仕事ではないので取得は義務ではありませんが、未経験の場合、資格がないと実務をこなすのはほぼ不可能です。

 

もちろん私も、手始めに資格を取りました。仕事しながら学校に通うのは面倒くさかったので(笑)、独学で勉強し、無事一発合格することが出来ました。

医療事務の資格はさまざまな種類があるので、業界未経験であればどれを選び、どう勉強すればよいのか分からない、という方もいると思います。

 

そこでこの記事では、私が独学で医療事務の資格を勉強した体験談を紹介したいと思います。

 

目次

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!
※クリックすると私に票が入ります。押すだけなら無料(笑)!情報が取られる等はありませんので、ぜひ応援よろしくお願いしますm(_ _)m


システムエンジニアランキング

 

医療事務の資格を取るべき、そもそもの理由

 

医療事務とは、平たく言うと外来・入院患者の費用を計算する仕事。会計で支払う費用は病院が好き勝手に請求できるわけではなく、「診療報酬」という決められたルールに従って計算する決まりになっています。医療事務の仕事に就くには、この診療報酬の知識が必ず必要になります。

 

診療報酬の仕組みは医療機関独特なので、医療業界で働いたことのない人にとっては初めて知る制度のはず。免許制ではないので資格がなくても仕事に就くことはできますが、診療報酬は覚えることが多いうえに複雑なため、未経験の場合は予備知識なしに会計業務に就くことは不可能です(経験者として断言できます)

 

そこで、資格を取ることが診療報酬を覚える近道になるわけです。

 

▼診療報酬についてもっと知りたい!という方は、こちらの記事で詳しく説明してあります。併せて読んでみてくださいね。

whitefox21.hatenablog.com

 

どの資格にも共通して言えることですが、試験では広範囲の分野に渡り専門的な知識が問われます。つまり資格の勉強を通じて、仕事に必要な分野について偏りなく、順序に沿って効率よく勉強できるのです。これが、資格を取るべき理由です。

 

資格を取ることで医療事務の基礎知識を身につけられるわけだね。

 

むしろ、未経験なら積極的に取るべきだと思いますよ。

 

 

ニチイの通信講座を使って独学で勉強した

 

医療事務は民間の資格で、さまざまな実施機関で試験が行われています。実はひとくちに「医療事務」と言っても決まった資格があるわけではなく、各機関が実施する医療事務の技能試験に合格することで、「医療事務の資格を持っていると言える」ことになります。

実施機関により医療事務の名称はさまざまで、「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務管理士」「医療事務実務能力認定試験」などがあります。どの資格を取っても医療事務に該当します。採用時に病院から特定の資格を指定されることはまずありませんし、どの資格を取っても医療事務の知識が一通り身に付きます。

 

私は職場に採用されてから資格の勉強を始めたので、自宅で勉強できる「通信講座」にしたいと考えました。そこで選んだのが、充実した通信講座が揃っているニチイ学館。ニチイ学館は医療事務の学校運営だけでなく、人材派遣業や求人紹介業も手掛けており、医療業界で知らない人はいない大手の教育関連会社です。

 

www.e-nichii.net

 

未経験の資格を独学できちんと勉強できるだろうか・・・と最初は不安もありましたが、実績ある通信講座だったので教材がすごく分かりやすかったのと、順序立てて基礎からしっかり学べたので、あまり悩むことなく学習を進められました。

 

医療事務の勉強内容は実はそれほど難しいものではなく、考えることよりも覚えることの方がたくさんあります。最初は、聞いたことのない専門用語のオンパレードに圧倒されましたが、テキストを何度も読み込み、問題を繰り返し解いているうちに解答パターンが読めるようになっていきました。

 

これなら独学で十分行けるぞ、と思いましたね。

 

また、このあと説明する補助金制度の適用が受けられるのも、ニチイ学館を選んだ理由です。転職したての頃は給料も満足でなく、生活環境の変化で出費が重なったりしていたので、少しでも費用を抑えたかったのです。

 

未経験の職場で初めての仕事を覚えながらの勉強だったので、帰宅してからテキストを開くのはとてつもなく気が重かったですが、何度も試験に落ちるのは嫌だったので「絶対に一発で合格するぞ!」という気合いで勉強時間を確保しましたね。

 

▼どの学校・通信講座を選べばいいかさっぱり分からない・・・という方は、まずは資格比較サイトで探してみましょう。費用、取得にかかる時間、講義内容などを横並びで比較し、一括で資料請求もできます。まずは資料を見て、自分に合う学習方法を選んでくださいね。

 

f:id:whitefox21:20211216141300p:plain

=>医療・介護・癒しに関する資格講座情報・資料請求サイト「シカトル」

 

資格を取るにはどんな方法がある?ところで医療事務の資格を取るには、大きく2つの方法があります。

・スクーリング(座学形式)
・通信講座(動画やテキストによる自宅学習)

スクーリングは、学校に通いながら授業を受ける形式。日中働く社会人には通うのが難しいと思いますが、分からないことをその場ですぐに講師へ聞ける、勉強仲間を作れる、といったメリットがあります。
通信講座は、テキストや動画を使って自宅で学習する形式。忙しい社会人におすすめの学習方法で、自分の好きな時間に、自分のペースで進められます。

家では勉強に集中できない、時間を区切りたいという方にはスクーリングがおすすめ。ただし通信講座に比べ費用がかかりますので、時間の都合や予算を考えて選びましょう。

 

 

 

ニチイ学館の通信講座でかかった時間と費用

では次に、ニチイ学館でかかった時間と費用についてです。
 
勉強を始めてから終わるまでの期間は約3ヶ月、費用は5万円くらいでした。
※2022/09/16現在は、受講料56,000円(税込61,600円)。(上記サイトより)
 
平日は夕飯を食べてから寝るまでの時間に、土日は日中にコツコツ勉強を進めることで、3ヶ月程度で学習を終えることができました。
 

思ったより期間が短いね。費用もそんなにかからない。

 

情報処理試験に比べたら、素人が勉強して3ヶ月で取れるなら、割と易しい方ですよね。

 
  

医療事務の資格は比較的カンタン!

 
テキストの終了後、試験を受け、合格すれば晴れて資格取得となります。通信講座であっても、最後の試験だけは会場に行って受験しなければなりません。ニチイ学館は全国に学校があり試験会場も兼ねているので、私も比較的近くの会場で受験できました。
 

医療事務の資格は、率直に言うとカンタンな方です。IT畑にいた方なら、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの国家試験を1回は受験したことがあるかと思います。それらに比べれば断然易しいです。

 

なぜなら、覚えてしまえば解ける問題ばかりだから。情報処理試験では、その場で考えたり計算したりして答えを求めますが、医療事務の試験では「覚えているかどうか」が問われることが多め。覚えてさえしまえば割とスラスラ解けるはずです。

 

▼暗記するには、いかに同じことを反復して頭に入れるかが大事ですよね。スマートフォンの暗記カードアプリを使うと、通勤時間も有効に使うことができます。こちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

whitefox21.hatenablog.com

 

 

医療事務の資格取得には国の補助金が使える!

 

ところで、医療事務の資格を取る方にぜひ知ってほしいのが、厚生労働省が実施する「教育訓練給付制度」です。

受講料を一旦全額支払ったあと、ハローワークに申請することでキャッシュバックされる制度です。
 
働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
 

 

ニチイ学館の通信講座においてもこの制度が使えます。もちろん、私も使いました。受講料の20%が戻ってきますので、利用しない手はありませんよ。
 
 
雇用保険の支給要件期間など適用には条件がありますので、教育実施機関のホームページ等で確認してから利用してくださいね。
 
▼キャッシュバックがもらえる補助金のほかに、国では生活費をもらいながら医療事務の職業訓練が受けられる制度があるのを知っていますか? 所定の条件を満たせば、無職であっても、学校に通うお金がなくても、無料で職業訓練が受けられます。使わない手はありませんよ!
 
 

独学で勉強して、医療事務の資格を取ろう!

 

以上、簡単ですが私が医療事務の資格を独学で勉強した体験記を紹介しました。

 

資格試験というと面倒に思えますが、3ヶ月なら自力でも頑張れる範囲ではないでしょうか。学校に行けば充実した教育を受けることができますが、仕事帰りに足繁く通うのはなかなか難しいですし、費用もそれなりに掛かります。

通信講座なら自分のペースでじっくり取り組めるので、働きながら医療事務の資格を取る方にはおすすめです。ぜひ、参考にしてみてください。

 

▼医療事務の通信講座については、こちらの記事でより詳しく紹介しています。興味があれば、ぜひ併せて読んでみてくださいね!

whitefox21.hatenablog.com

 

 

 最後に

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!


システムエンジニアランキング

 

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ