病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
中古パソコンで値上げを乗り切る!失敗しない買い方・選び方
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
IT業界をやめてよかった。病院SEに転職して得たもの~体験談
医療系SEがきつい理由。でもSEの引退は待って!

【2021年のご挨拶と展望】新年明けましておめでとうございます

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


院内SEや医療情報技師の仕事について知りたい方。読者からの質問を募集しています!こちらのお問い合わせフォームからお気軽に投稿してくださいね。

 お問い合わせフォームへ

f:id:whitefox21:20201211105903j:plain


こんにちは。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の白狐(しろぎつね)です。

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

昨年はコロナ(この言葉も聞き飽きましたね)一色の一年で、病院勤務の私としては私生活でも職場でもコロナまみれの年でした。

しかし昨年末に米企業・ファイザーと独企業・ビオンテックが開発したワクチンが世にリリースされ、年内のうちにイギリスでワクチン接種が始まりました。北海道では旭川市で大規模クラスターが発生するなど医療崩壊の危機が迫っており、一刻も早い打開が待たれています。2021年は、全世界を巻き込んだコロナ禍が収束に向かうことを願うばかりです。

 

当ブログは、本年も「病院内SEの存在を多くの方に知ってもらう」ことをモットーに、診療報酬や法改正、パソコントラブル、病院内SEへの転職事情などをテーマに随時更新していきます。

ブログを閲覧していただくだけでありがたいのですが、下記のブログランキングのボタンを押していただくと管理人が「読者の反応」を直に感じることができ、更新の励みになります。気が向いたときだけでも、もちろん記事を読むたびでも構いませんので、ボタンを押していただけたら嬉しいです。

 

▼「ボタン」はこのマークが目印です。どちらのボタンでも構いません。

 


病院・診療所ランキング

転職・キャリアランキング

 

2021年はどんな年になるのでしょうか。

 

早速、病院内SEとして気になる今年のイベントをピックアップしてみます。

 

 

1月 Y!mobileの一般向けPHSサービス終了

当初2020年7月に終了予定だったY!mobileの一般向けPHSサービスが、新型コロナウイルスの影響で2021年1月に延期されました。終了するのは一般向けであり、病院内で運用しているPHSにただちに影響はしないものの、PHS自体が廃れていくでしょうから、いずれ代替手段を考えなくてはなりません。

 

PHSの代替手段としては、スマホやインカムが注目されています。個人的に全面ガラス張りであるスマホは壊れやすく、慎重な扱いが必要であるため、医療現場にはインカムが向いていると考えています。医療向けのインカムが今後登場してくれればいいなと思います。

 

▼インカムってなに?という方は、こちらの記事をご覧ください。

whitefox21.hatenablog.com


 

3月 ドコモが新料金プラン「ahamo」提供開始

政府による携帯料金値下げの要請を受け、サブブランドを持たないドコモが自前で格安料金の新プランを販売します。オンラインでの申込みが必須で、店舗では受け付けないとのことなので、病院内SEの私に「ahamoに変えたいんだけど、どうしたらいいの?」などという相談が舞い込むかもしれません。

 

業務外の依頼ですので、本来ならば断って当然なのですが、少しでも相談に応じることで院内の仕事が円滑に進むこともあるため(特に病院はこうした人情が大切にされるシーンが多いのです)、私は時間の許す限りは対応するようにしています。調べることで自分の知見も広がります。

 

7月 東京オリンピック開催

ワクチン接種が始まったことで、ギリギリなんとか開催できるかもしれないといったところでしょうか。オリンピックが開催されれば、多くの外国人が来日し、数週間滞在します。システムエンジニアとしての懸念は、WiFiスポットを不正利用されることですね。

 

WiFiスポットを使ってSNSやゲームに興じるのは世界共通のお約束。患者サービスの一環でフリーWiFiを開放している病院もあるでしょう。サイバーテロのリスクは年々増加しており、2018年の平昌オリンピックでは大会ウェブサイトがダウンしたり、映像が配信できなかったりといった事態が発生しました。これらの手段として、フリーWiFiが踏み台にされる恐れもあります。

 

▼病院におけるサイバーテロのリスクについて、下記記事で詳しく取り上げています。併せてご覧ください。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

 

多数の外国人が来日することで、病気や怪我をした外国人が来院することも増えるでしょう。英語や中国語の氏名をどう医事システムに登録するのか、外国語対応できる人員の確保は十分か、なども検討しなくてはなりませんね。

 

日本で開催された直近のオリンピックは、1998年の冬季・長野オリンピックです。当時はインターネットも発達していませんでした。ネットがめざましい発展を遂げた現代で、世界最大規模のスポーツ大会が日本で行われるのは初めてです。前回の東京オリンピックのときに国内がどんな雰囲気だったのか想像もつきませんが、予想しうる事態を可能な限り想定し、備えておきたいものです。

 

 

それでは本年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

------------------------------------------------------  

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。面白そうだと思っていただけたら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

 

▼「病院内SEをもっと世間に知ってもらいたい」「面白かった」と思って頂けた方は、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください! ブログのアクセス数向上につながります。


病院・診療所ランキング

転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ