病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

【どこにある?】Word,Excel,Outlookの実行ファイルの保存場所を調べる方法

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


中古パソコンでインフレを乗り切ろう! 特集ページはこちら。

 中古パソコン特集ページへ

病院のSEとして10年以上働いている白狐(しろぎつね)です。

 

Microsoft Officeの実行ファイルの場所(ファイルパス)を知りたいときってありますよね。差分チェックソフトでWordのEXEファイルのパスを指定したい場合や、メールチェッカーでOutlookのパスを指定したい場合などです。

 

Officeを自分でインストールした場合は大抵“Program Files”“Program Files (x86)”のどちらかに”Microsoft Office”のフォルダが存在し、その中に実行ファイルが格納されているのですが、厄介なことにプリインストール版やストア版では別の場所、しかも想像のつかない分かりにくい場所にあります。今回はその探しかたのご紹介です。

 

 

◆応援してくださる方へ◆
院内SEの知名度向上を目指し、ブログを定期更新中!
応援してくださる方は、励みになりますので「人気ブログランキング」ボタンのクリックをお願いします!


転職・キャリアランキング

 

関連するOfficeのTips記事

 Office2013で突然ライセンス認証が失効して起動しない【Word,Excel】 - 病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

 

 Office2007以前は令和に非対応! 乗り換えるなら今~Windows10のススメ - 病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

 

院内SE歴10年以上の私が、パソコンのトラブル解決集をこちらの記事で公開しています。よかったらご覧ください。

 パソコン - 病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

 

 

Word,Excel,Outlookの実行ファイルの保存場所を調べる手順

  1. Word,Excel,Outlookを起動する。
  2. [Ctrl]+[Shift]+[Esc]を同時押しし、タスクマネージャーを開く。
  3. タスクマネージャーにてパスを調べたいアプリを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を押す。

    f:id:whitefox21:20200528154040j:plain



  4. 実行ファイルの格納場所がエクスプローラーで表示される。
    f:id:whitefox21:20200528154139j:plain

 

併せて読みたい こんな記事も読まれています。

 壊れにくいパソコンメーカーは結局どこ?おすすめの見分け方

 ノートパソコンのバッテリーが急激に減るときは? バッテリーレポートを使おう

 片面しか印刷できないプリンタでPDFを両面印刷する方法【Windows10対応】 

 【Windows7】CDのアルバム情報を自動取得できるフリーソフト【Windows Media Player終了】

 

スクリーンショットを見ればお分かり頂けると思いますが、経験則で想像がつくような場所には存在しません。見るからに、アプリのバージョンやパソコンの環境で変動しそうな文字列が含まれています。

 

通常のアプリだと、スタートメニューのプログラム一覧にあるアプリを右クリックすれば「ファイルの場所を開く」が右クリックメニューに表示されるのですが、オフィスの場合は表示されません。なんとも厄介ですね。

 

EXEファイルのパスを知りたいときにご活用ください。

 

【余談】Microsoft Officeのインストールが面倒くさい方へ

 

最近のMicrosoft Officeは、Microsoftアカウントの作成が必須となっておりオンラインでのインストール手続きが面倒になってきました。

 

製品を使いたいだけなのに、アカウント登録とか面倒ですよね・・・。

 

昔のように「ソフトを買ってきて、インストールすればすぐに使える」ものを探している方は、キングソフトのWPS Officeがおすすめ。買い切り型で、Microsoft Officeとの互換性もあり、何と言っても低価格なのが魅力。

 

 

 

「互換性が高い」ものの完全互換ではないため、Office文書を開いた時にややレイアウトが崩れたりフォントが違ったりすることもあります。

このためWordやExcelなどをバリバリ使う人には向きませんが、「最低限使えればいい」という方には向いていると言えます。ぜひ、検討してみてください。

 

無料体験版もありますので、試しに使ってみたい方はこちらからダウンロードできますよ。

www.kingsoft.jp

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 お気に入り登録お願いします

当ブログでは、病院に勤務するシステムエンジニアの私が、関係法令の改正やパソコンのトラブルシューティングなどをSE目線から紹介しています。

 

面白いと思ったら、ぜひブラウザにお気に入りの登録をお願いします!

人気記事もぜひ読んでいってくださいね。

 人気記事を見る

 

▼面白かったと思って頂けたら、ぜひ下の「人気ブログランキング」のボタンを押してください!

 
転職・キャリアランキング

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ