病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。情報量No.1を目指します

院内SEの、院内SEによる、院内SEのための総合情報ブログ。毎週更新、現場の「生」の情報をお届け!

メインメニュー
院内SEになるためにおすすめの転職サイト
【LIFE】Internet Explorerが使えなくなる前にEdgeへ移行しよう
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【SE編】
未経験から院内SEになるには?独学可能なスキル【医療事務編】

【HDD】ハードディスクが読み込めなくなった【読めない】

院内SEの知名度向上のためブログ定期更新中!院内SEについて知りたい方は、ぜひ人気記事もご覧ください。

 人気記事を見る


IEサポート終了間近! LIFEのEdge移行対応ページはこちら。

 LIFE対応ページを見る

ハードディスクは経年劣化するパーツですので、今まで使えていたものが突然読み込めなくなることがあります。実は前触れとして、認識しづらくなる現象が起こったりするので、こうなる前に定期点検をして事前に察知しておくのが望ましいですね。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

しかし急に見舞われた場合には、どうにかしてデータを取り出すしかありません。そんなときの対応策を挙げてみます。

データ復元ソフトを試す

データ復元ソフトを使うと、他人にデータを読み取られる心配がありません。ある程度PCに詳しくないとできませんが、下記ソフトでは比較的簡単に復元できましたので参考にしてみてください。

 

whitefox21.hatenablog.com

 

ググるとわかりますが、この手の復元ソフトは意外と頼れるものが少ないです。「ファイナルデータ」というソフトが国産としては有名ですが、私の環境では復元できませんでした。復元能力は上記のEaseUSの方が上回ると個人的には思います。

 

地元のパソコンショップに駆け込む

手っ取り早いのがこの方法。数万円で作業してくれるのではないでしょうか。価格はショップ次第です。

ただ、欲しいデータが必ず復元されるかは保証されない点に注意してください。おそらく免責事項として事前にショップから説明されるはずですが、可能な範囲で復元する、といったベストエフォート型のサービスになろうかと思います。ハードディスクの記憶領域は繰り返し使われるため、領域が上書きされると復元が難しくなるからです。

 

新しいハードディスクに丸ごとコピーしてみる

可能性は低いですが、新しいハードディスクを用意し、丸ごとコピーすると新しいハードディスク側で読み出せることがあります。

 

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

 

 

以上、困ったときは参考にしてみてくださいね。

©病院の情シスで働く医療情報技師の奮闘記 All Rights Reserved
プライバシーポリシー・ お問い合わせ